2021〜2022年度 会長の年度計画及び目標


テーマ
60年を振り返り 次につなげよう

会  長   高橋 秀治
<会 長 挨 拶>

 犬山ロータリークラブは歴史と伝統あるクラブとして、本年60周年の記念となる節目の時を迎える事となりました。これを機に諸先輩の方々が行ってこられた諸事業、地域貢献またクラブ運営の改革史を今一度振り返って鑑み、世界中のロータリークラブが大きく変わって行こうとするここ数年の動きに対し、どの様に改めどの様に新しきを取り入れて「犬山らしさ」を大切にしながら新しい時代に即しつつ次の世代へつなげていくべきかを皆で考えたいと思います。
 過去に周年記念式典でお世話になった名鉄犬山ホテル様も歴史とともに新しい姿に変わりつつある中、我々の60周年記念式典も新たなる会場にて関係者とともに大いに楽しくお祝いをしてまいりたいと考えます。ロータリークラブは会員のそれぞれが単年度に課せられた責任を全うしながら切磋琢磨し成長をする場でもあります。
 世界中がコロナ渦中にあり、中々先の見通しがきかない昨今ではありますが、我々はロータリアンとして少しでもできうる限りの方法を模索し地域や世界に貢献をしていこうではないでしょうか。

@会員のさらなる増強と退会防止の為の基盤強化


会員の増強のために地区増強委員会の手法でもある「一人が一人の候補者を」ピックアップする試みを行います。入会の可否にかかわらず入会候補者の分母数を増やします。
また、退会防止に繋がるようなクラブの基盤(委員会活動・親睦活動・ミーティング等)を活性化します。教え教わる、学びの場の機会を広げます。

A戦略計画委員会

202122年度のクラブの在り方と地区の動向を見据え、ギャップが大きくならないようにクラブの改革を含めた戦略計画を検討、立案していく。


B60周年記念事業の実施

世界や地域の方々と、共にお祝いの気持ちを分かち合える記念事業を実施します。各委員会の活発な活動が行えるような環境に傾注します。記念式典と懇親会を開催予定です。新たなる場所での方法と内容を模索します。大いに祝いましょう。

C会員同士の互助

ロータリークラブ設立時からの理念である「職業奉仕」を活性化します。コロナ渦中の昨今において、クラブ内、分区内、地区内での会員同士の職業奉仕の輪を広げたいと考えます。

D楽しむロータリー活動


会員同士の「楽しみ」を通じての親睦を図りましょう。ゴルフ・釣り・旅行・ツーリング・グルメ etc. 新たなる趣味に挑戦してみましょう。折角の会員資格を楽しみの一助にしましょう。